テーマを変更時にカスタマイザーの情報を引き継ぎたい場合の方法

  • -
    コピー

テーマをお引越しするときに何が憂鬱? そうカスタマイザーの情報が消えてしまって、毎度毎度手入力で設定し直すことですよね。
お中元売り場の隣からこんにちは!(コワーキングスペースがデパート内なので)アクツです。

今ちょうど、Snow Monkey子テーマで運用していたのを、最新のテーマに合わせて子テーマからプラグイン化へ変更するために作業しているので、備忘録を兼ねて手順を勢いで記事化しておきます。
(記事の内容は雑です、やる気があったらそのうちちゃんと直すかも)

カスタマイザー設定情報はプラグイン利用すればお引越しできる

Customizer Export/Import というプラグインでお引越しできます!(尊いプラグインをありがとう作者さん!)

プラグインをインストールし、有効化する

公式プラグインなのでWordPress管理画面上からできて簡単!

カスタマイザー画面を開くと、一番下に「Export/Import」というメニューがでてくるのでそこからエクスポートを行う

エクスポートを行うと「{テーマ名}-export.dat」というファイルがDLされると思います。

新しいテーマに切り替える

当然のごとく、カスタマイザーの設定情報は空\(-o-)/

カスタマイザーの画面の一番下にある「Export/Import」メニューから先程エクスポートしたdatデータをインポートする

※Download and import image filesはチェックなしでOK

ローカルからテスト環境、テスト環境から本番など、環境が異なる場合

そもそも、引っ越し前のところからDBを引っ張れればこの作業必要ないです(^^;)
あと、All in One WP Migrationとかで引っ張れるならそれに越したことないと思ってます。
上記のことできないんじゃい!というときにお試しください。(すでに稼働しているサイトでDBの上書きができない!などのときに)

タイトルのケースの場合は上記手順で行うとエラーの嵐になると思います。

エラー内容

  • カスタマイザーでウィジェット設定してるけど、そんなウィジェットないねんって怒られてる
  • そんなカスタムメニューどこにあるねんって怒られてる

※エラーのメッセージメモるの忘れてるために雑な解説でお届けしております

対応策

カスタマイザーのインポート前に、ウィジェットの設定やカスタムメニューのExport / Importを個別でしておく(単純明快)

ウィジェットのImport / Export

Widget Importer & Exporter というプラグインで行えます

カスタムメニューのImport / Export

WPS Menu Exporter というプラグインで行えます

手順

前提条件

記事やページのデータは引越し先にすでにある状態です。
ない場合は、ツールからインポート/エクスポートを行って下さい。

引越し元・先のWPにてWidget Importer & Exporterプラグイン・WPS Menu Exporterプラグインをインストールし、有効化しておく
引越し元のWPにてウィジェット設定のエキスポートを行う

ウィジェットのインポート / エクスポートは、プラグイン一覧の中にある「Widget Importer & Exporter」欄からいけます。

エキスポートを行うと「{サイトアドレス}-widgets.wie」というファイルがダウンロードされます。

引越し元のWPにてカスタムメニュー設定のエキスポートを行う

ツールのエクスポートナビゲーションメニューの項目に「ナビゲーションメニューの項目」が増えてるのでそちらを選択してエクスポートする

引っ越し先のWPにてウィジェット設定のインポートを行う

ウィジェットのインポートも、プラグイン一覧の中にある「Widget Importer & Exporter」欄からいけます。

引っ越し先のWPにてカスタムメニュー設定をインポートする

インポートもツールのインポートから投稿のインポートと同じ手順で行えます

万を持して、このタイミングでカスタマイザーの設定をインポートする
  • -
    コピー